勤務体系が魅力的な美容外科の求人を見て看護師から転職しました

総合病院で勤務していた

ある市町村で一番大きな総合病院で勤務していた元看護師です。
その病院は私の実家からも近く、新しい病院なのでスタイリッシュな建物で私の憧れでした。
看護学校に行く時も試験はとても大変でしたが、看護師って行きたい病院に自分の気持ちさえあれば行けるというわけではないのでその病院に勤務が決まった時はとても嬉しかったです。
家族も喜んでくれて、誇らしい気持ちでした。
私は色々な科の中でもとりわけハードな救急病棟にいました。
最初はやる気に満ち満ちていたのですが、自分の予想よりかなりハードで、一年目から心が何度も折れそうになりました。
いくら年齢が若いと言っても、不規則な勤務体系は体力的にもきつく、夜勤などになるとただ居るだけでもきついのですが、当然そういう時間帯ほど患者さんは運ばれてきます。
残念ながら運ばれて来た段階で手遅れの方もいらっしゃるので、何人もの方を見送ってきました。
先輩たちの中には慣れているというか割りきって仕事ができるようになったという人もいますが、私はそんな気持ちにはとてもなれそうにありません。
短い時間しかオペ室で一緒にいなくても、やっぱりつらいものはつらく、もっと早く運ばれてきたら助かったんじゃないかなとか、順番がもう少し早かったらなどと考えこんでしまいます。
一応、三年間は頑張りましたが、やりがいよりもしんどさが勝ってきて、以前は心をこめてやっていた仕事も段々と事務的な感覚になるのが自分でもよく分かり、もしかして私は向いてないのではないかなと思うようになりました。
いつ何が起こるか分からない職場ですので、周りの同僚や先輩も疲れた顔をしている人が多く、決して楽しい雰囲気の職場ではありませんでした。
いつも殺伐として空気が流れていて、ただ仕事をこなすだけという感じです。
自分が思い描いていた看護師の仕事とあまりにも違いすぎていて、いつしか転職の二文字が頭をよぎるようになりました。
ありがたいことに、救急病棟に勤めていたと言えば、大体どんな病院でも重宝されるので、後は自分の気持ちを行動に移すだけという感じでした。

総合病院で勤務していた | 美容外科に勤めている友人と話をする機会があり